マツダCX-3試乗レポート インプレッション動画

その他のCX-3試乗レポートコメント

はい、CX-3。早速試乗しています。
やっぱりあのー、デザインのイイ車っていうのは乗ってて気分がイイですね。

 

まあ好きキライはあろうかと思いますが、このCX-3はパッと見た目はまあまあだなと思ったんですが、実車を目の前にしてみると、もうスゴくもうボディ隅々までディティールに凝っているクルマで、スゴくデザイナーが拘って作っているのを僕はわかります。

 

そういくクルマってあのー、見るたんびにね、味が出るというか、イイなぁっていう気持ちがどんどん強くなってきますよね。ですから買うと自分のクルマを見るたびにニヤついているという、そんなクルマだろうと思います。

 

で、今乗ってみてですね受ける印象は、出たばっかりのクルマですが、振動面ですねボディ全体からの振動面は、このクラスで見てみたときにかなり少ないと思います。

 

ただまあディーゼルエンジンなんで、ステアリングにはディーゼル特有の振動というのはガソリン車と比べると多くあります。あと、こう、ブレーキですね、コレ今までの中で一番イイですね。

 

CX-3すごく剛性感が高くて、本当に踏めば踏むだけのブレーキで凄く安心感があります。CX-5とくらべてもこちらのほうが圧倒的にブレーキはイイです。これくらいだと不満ありません。ただまあちょっと攻め込んでみたときどうなるかですね。

 

で、動力性能なんですが、105馬力4000rpm、トルクが27くらいだったと思いますが、こうパワー的には飛ばして気持よく走るっていうパワーはありません。ただし街ナカとか100km以下で走るくらいのときであれば過不足ないっていう感じですかね。

 

ただ中低速ではトルクがけっこうありますんで、まあ乗りやすいっていうかね、アクセルをちょっと踏むだけでつちおきのトルクが豊かなんで、しっかりクルマが前に出てくれるというふうに思います。

 

ただまあ飛ばす人はもっとこうパワーが欲しいというふうに感じますね。まああと120,130くらい馬力があったらなぁって思います。

 

で、デミオと比べると重量バランスはこちらのほうが良いと思います。そのぶんちょっと乗った感じがこっちのほうがアンダーステアが少ないんじゃないかなぁという感じがします。

 

ただやっぱコンパクトなボディでディーゼル乗せてますんで、やっぱり前の重さというのは感じますよね。で今ここ道が荒れているんですが、こういう荒れた路面ですね、こういう荒れた路面でもイヤな振動っていうのはないですね。

 

で今コーナーの感じだとCX-5ほどではないですが、今後更にでぃすめられて良くなっていくと思いますけども、まあやっぱデミオよりかイイですよね。

 

ちょっと振ってみます。(4:48)多少やっぱリアのセッティングが煮詰まっていない感じがしますね。CX-5ほど安心しては振れないですね。でも本当ブレーキ良くなったな...デミオと全く大違い。

 

まあデミオの振動はクラスレスで少なくて、あのクラスにしては驚くほど高級感があって良かったのですが、まあマツダのこう毎年ね改良が入るんで、まあ楽しみですねこのクルマ。

 

(急カーブでは)ちょっとこうフロントがこうスッと入りませんよね。ただデミオに見られたようなちょっとオープンスピードまではいかないですが、限界近くでも唐突なこちらが予想する以上のアンダーステアが出て、ちょっと切り足ししてもクルマが反応しないところがあったんですが、そこは直ってますね。

 

キャンバーカブをデミオより更につけくるというのが開発者のインタビューでありましたが、そこは改善されていると思います。ディスタビング・・・は良く合ったね、クルマの動きも良くわかります。

 

ディーゼルエンジンですが、デミオもそうですが、まあ今の2.2のディーゼルがでて3年目になるんですかね、まあ2年3年経って改良もされてて振動も少なくなってきてるし、アクセルのレスポンスも上がってきていると。

 

そういうところと比べれば、これは開発されたばっかりのディテールエンジンなんで、アクセルのレスポンスはまあ出たばっかりなんでノウハウが詰まってるんでイイと思いますけども、振動面と音のとこではね、まだちょっと大きめかなぁと、2.2の今のと比べるとですね。

 

ただこれもまあ年々ますます熱心に改良していくと思いますんで良くなって行くと思います。でディーゼルエンジンの振動を抑える装置ですね、ちょっと名前忘れましたけれどもコレが入っているのかどうかを後で確認したいと思います。もし入っていないのであれば、それが入ったときにどのくらい振動が減るかですね。

 

リアサスペンション、ちょっともうちょっと煮詰めてほしいなというところがしますね。ですが全体的には良くまとまっていると思います。ノリブシも荒れた路面でも足がバタバタすることもなく運動性と高音性能を頑張ってまとめているんじゃないかと思いますが、リアをもうちょっと煮詰めてもらって、今後改良を続ければCX-5同様、相当精度の高いクルマになるんじゃないかと確信しています。

 

 

マツダCX-3辛口評価まとめ の記事はこちら ⇒